化粧下地で肌の悩みを解決しましょう

下地の決め方

2016年08月26日 17時33分

まず始めに自分の肌がどのような肌質になりたいかというところから考えてみましょう。
透明感のある肌質に見えたい
マット肌に見えたい
陶器肌に見えたいなどなど…
それぞれ好みはあると思います。
それから、下地のあとにつけるファンデーション、おこなも関係してきます。
例えば、現在使っているファンデーションまたはおこなが薄づきでカバー力はあまりないものだとしましょう。
しかし、小さなシミやちょっと気になる毛穴、そこは隠したい!!
となった時には、もちろんカバー力がほしいですよね?

そういったときは下地でカバー力のつよいものを使用して気になる部分を隠してから
いつのもファンデーションやおこなの使用。
また、顔が赤いのがきになっちゃう!クマが気になっちゃう!陰が気になっちゃう!
そんなときにはコントロールカラーと一緒になっている下地を使うととてもいいですね。

また、それぞれの肌質も下地を使用するうえではとても関係してきます。
乾燥がつよい方だと保湿力が高い下地を選んだ方がもちろんいいですし、オイリー肌ですと、
もちろん1番気になるのはテカリですよね。

そのテカリをおさえる下地をもちろん選んだほうがいい!
敏感肌の方は肌が荒れない自分にあった成分の下地を選ぶ方がいい。
とこのように自分の元々の肌質、そして、どのような肌質にみられたいかによって
下地を選んでいくとすごく選びやすくなりますよ